日本三不動尊

善無畏三蔵 、空海、木曽義仲ゆかりの倶利伽羅

高野山真言宗である倶利迦羅不動寺(石川県河北郡津幡町倶利伽羅リー2)は、718年(養老2年)、インドの高僧「善無畏三蔵法師」が不動明王の彫刻像を奉安された事が始まりと伝えられる、
また、後の812年(弘仁3年)に、空海(弘法大師)が本尊と同体の不動尊像を彫り、奉安された。

現在は、成田不動尊、大山不動尊と並び、日本三不動尊の一つとして知られる。

倶利迦羅不動寺の本堂

あの善無畏三蔵が津幡に

善無畏三蔵とは?

三蔵とは、仏教の三蔵(経蔵・律蔵・論蔵)に精通した僧侶であり、数人しか存在しない。
1970年代生まれの方しか通用しないが、テレビでやっていた「ニンニキニキニキ」の三蔵とは異なる。
西遊記の三蔵は、「玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)」である。

三蔵法師

■ 玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)
玄奘三蔵は、もっとも有名な三蔵であり、西遊記にも登場。
『般若心経』を中国にもたらしたといわれる。

■ 善無畏三蔵(ぜんむいさんぞう)
637年、インドに生まれ摩伽陀国の国王となるが出家。
達磨笈多(だるまきくた)から密教を学び、来日し倶利迦羅へ。

■ 霊仙三蔵(りょうせんさんぞう)
日本人僧の中で唯一「三蔵」の称号を与えられる。
最澄や空海と同じ唐に渡っっている。

日本における「三蔵法師」と言えば、玄奘三蔵を思い浮かべる人が多いですね。

倶利迦羅不動寺の歴史

718(養老2)
善無畏三蔵法師が不動明王の彫刻像を奉安。

812(弘仁3)
空海(弘法大師)が本尊と同体の不動尊像を奉安。

1183(寿永2)
倶利伽羅源平合戦の戦火にて焼失。

1192頃
源頼朝によって再興される。

1592頃
衰退し廃寺同然となる。

1644頃
秀雅上人が再興し、その後、加賀藩主前田家の庇護のもと再興。

1836(天保7)
不動堂などが焼失。

1869(明治2)
神仏分離令によって長楽寺は廃され、手向神社となる。

1949(昭和24)
高野山の金山穆韶大僧正の尽力により再建。
御本尊の御名から倶利迦羅山と号し、倶利伽羅不動寺として復興する。

倶利迦羅不動寺 西之坊鳳凰殿
「万灯会・燈籠流し 」の様子

毎年の夏、西之坊鳳凰殿にて開催される万灯会。
幻想的な空間の中、今までの罪を悔い改め、様々なご恩に報いるために灯籠をご自身の手で流しみては如何でしょうか。

お不動さん行事に多数の参詣者

毎月28日の縁日、毎月の行事には、たくさんの参詣者が訪れます。
 (初護摩法、八重桜まつり、など)

周辺には、龍ヶ峰城址一乗寺城鳥越弘願寺などの史跡のほか、福祉バス・倶利伽羅バス停前には、地元野菜の直売所(三州農園☆直売所)、八大龍王神があります。

また、旧北国街道(旧北陸道)に隣接する倶利迦羅不動寺ですが、初めての方は、参拝する前に「不動ヶ池」「手向神社」に立ち寄ることをお勧めします。

不動ヶ池は手向神社側の駐車場から入ります
三州農園直売所
三州農園直売所

境内には、四国八十八ヶ所お砂踏みなども

境内には、四国八十八ヶ所お砂踏みなども
倶利伽羅そばの食堂の隣に、四国八十八ヶ所お砂踏みや、厄除錫杖(やくよけしゃくじょう)などが楽しめます。
①四国八十八ヶ所お砂踏みや
四国八十八ヶ所の砂を踏みながら各霊場札所の巡拝を体験することで、八十八ヶ所巡礼と同様な功徳を積んでいただける。
②厄除錫杖
最高の位を持つ錫杖を持ち上げ「南無不動明王」と唱え3度振ると、前途の諸々の苦厄を払いのけ、身を守ってもらえると伝えられる。

倶利伽羅は、加賀、越中の境界

三州の要衝である石川県津幡町倶利伽羅は、源平合戦、一向一揆などの史跡が数多く存在します。

津幡城、鳥越弘願寺、龍ヶ峰城倶利伽羅古戦場

倶利迦羅不動寺の参拝の後には、お立ち寄りください。


2件のコメント

津幡の花見スポット「倶利伽羅公園」と「倶利迦羅さん八重桜まつり」 · 2022年4月26日 9:39 PM

[…] 倶利伽羅公園は、旧北陸道上の「倶利伽羅峠」にある公園である。石川県の津幡町と富山県の小矢部市の県境ということで小矢部「倶利伽羅県定公園」と混同されやすいが、津幡町に属する公園である。気になる両県の仲であるが、現在は、倶梨伽羅峠の戦いに因んで開催される小矢部市と津幡町の交流「源平大綱引き合戦」にて両県の親睦が行われている。そんな倶利伽羅公園であるが、沢山の八重桜が咲き誇り、津幡における「桜の名所」としても有名であると同時に、小矢部の方に行くと倶利伽羅峠古戦場など数々の史跡も存在する。また、津幡側には、手向神社、倶利迦羅不動寺があり、津幡の代表的な観光スポットとなっている。 […]

2022年4月の作業報告 · 2022年5月11日 9:33 PM

[…] 今年も、津幡町「倶利伽羅公園」に八重桜祭りが開催されました。餅つきイベントは中止となりましたが、八重桜は、見事なものでした。開催日は、4月23日(土)~5月5日となっておりますが、八重桜自体は、4月24日には、ほぼ散ってしまいました。来年「倶利伽羅さん八重桜祭り」に行こうと思った方は、気を付けてください。もし、花が散った後に出かけた方に一つ見どころ紹介。倶利迦羅不動寺に向かう途中の坂の両脇には、ピンクの散った花びらがカーテン状に続く。これも一興。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です