加賀・越中の越国である倶利伽羅峠に築かれた『龍ヶ峰城』(城ヶ峰ともいう)。
戦国期の前田・佐々抗争の舞台に登場し、越中の佐々成政の加賀侵攻の時の前線を担っていた。
後に、加賀の前田利家の弟である秀継が攻略。
江戸期には、この城の重要性もなくなり廃城となる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です