繁栄した1400年代、加賀一向一揆時代と鳥越弘願寺跡

鳥越弘願寺(当時の弘願寺)は、1300年代から現在の津幡町笠原地区に存在していた。
北加賀における浄土真宗の拠点とも呼べる「弘願寺」を中心に、ここ一帯は、ちいさな城砦都市として発展した。
さらに、それを防御する、鳥越城、鳥越タテヤマ砦、田屋御前山砦、鳥屋尾ノナカ砦跡などの砦が存在し、当時は、かなりの勢力を誇り、繁栄したことが容易に想像が出来る。

[弘願寺を中心とした防御線]

・鳥越城
・鳥越タテヤマ砦
・田屋御前山砦
・鳥屋尾
・ノナカ砦
・鳥屋尾シバンニャ砦

鳥越弘願寺跡

戦国期末期~織田信長軍団の加賀・能登侵攻

織田信長配下の将「佐久間盛政」によって、焼失。
この織田軍団の加賀能登侵攻により、事実上の一揆勢が壊滅となる。
この静かな農村に、一揆勢と呼ばれた真宗王国のスモールワールドが存在していたのは、興味深い。
現在の弘願寺は、津幡町加賀爪に存在する。

鳥越の弘願寺は、現在の大国主神社とその周辺に存在した

鳥越弘願寺の周辺には、倶利迦羅不動寺津幡城など歴史スポットが数多く存在します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です