津幡城の歴史は、十二世紀に砦機能として登場するまで遡る。

1576(天正4)年、上杉謙信の能登侵攻時に津幡城を拠点に七尾城攻略を始めたことから、正式な城としての登場は、十六世紀後半の一向一揆の時代と想定される。

その後、秀吉・家康の代理戦闘としても有名な、加賀の前田利家と越中の佐々成政が争った「前田・佐々抗争」時に、利家の弟である「前田秀継」が北加賀の防衛線として改築した。

源平合戦時の平維盛軍、一向一揆、上杉謙信率いる上杉軍などが所縁の津幡城。

末森城の戦い時には、前田利家と前田秀継が軍議を開いた。

その後は、利家の強敵「佐々成政」の脅威もなくなり、津幡城の存在意義も失い廃城となる。

[津幡城跡]

石川県河北郡津幡町清水(津幡小学校に隣接)

敷地内に、津幡ふるさと歴史館「れきしる」あり。

関連のおすすめスポットは、「龍ヶ峰城跡」「一乗寺城跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です