倶利伽羅の中興の祖『秀雅上人』とは。

現在の日本三不動尊「倶利迦羅不動寺」を中心に、加賀と越中の架け橋として古から機能してきた峠の里「倶利伽羅」。
戦国時代には、加賀、越中の戦い「前田・佐々抗争」により荒廃。
しかし、江戸時代に見事に復興を遂げる。
その復興に貢献したのが、倶利伽羅出身の僧「秀雅上人(しゅうがしょうにん)」であった。
秀雅上人は、前田・佐々抗争において、前田利家に通じることで前田家の信頼を得る。
後に、豊臣秀吉による富山の役にて佐々成政が降伏。
戦後、兵火により荒廃した戦火にて焼失した寺社、そして、倶利伽羅村の復興を指揮したのが秀雅上人であり、現在でも「倶利伽羅の中興の祖」として津幡町にて語り継がれる。
また、長楽寺再興のほか、金沢卯辰山・永久寺、高岡・総持寺、富山・富山寺などの住職を兼務したことでも知られる。

歴史国道「北陸道」の『秀雅上人像』

倶利伽羅峠に鎮座する『秀雅上人像』

倶利伽羅村復興に貢献した『秀雅上人』は、旧北国街道と呼ばれる現在の歴史国道「北陸道」における倶利伽羅峠に存在する。
上人の小堂は、津幡方面から不動寺に向かうと背面となり分かりづらい。
福祉バス「倶利伽羅」から100メートル程坂道を上がると、左手に子安地蔵堂(こやすじぞうどう)が見えるが、右手にある小堂が『秀雅上人像』である。
説明板も老朽化し読みづらくなっているが、復旧されることを望む。

等身大座像『秀雅上人像』

1件のコメント

津幡・倶利伽羅から富山・小矢部に続く歴史国道・旧北国街道 · 2022年11月25日 6:13 PM

[…] 龍ヶ峰城跡をはじめ、倶利伽羅古戦場、倶利迦羅不動寺、手向神社などの観光スポットのほか、山森口から暫く倶梨迦羅不動寺へ上ると三州農園「倶利伽羅直売所」、さらに倶利伽羅の復興に貢献した等身大と伝えられる『秀雅上人像』あります。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です