北陸道と北国街道の違い?

度々「北陸道」と「北国街道」が混同されることがあるが、
旧北陸道は、五畿七道の一つとして、機内から北陸に伸びる日本海側の主要街道であり、
旧北国街道は、脇街道として北陸道から信州の追分に続く街道として、善光寺街道または、北国脇往還と呼ばれることもある。
そして、北陸道も含め「北国街道」と呼称する場合もある。
石川県津幡町から富山県小矢部市に至る倶利伽羅峠を含む「旧北陸道、旧北国街道」に関して、筆者である私は、北陸道=高速道路と混同されないために「旧北国街道」と呼ぶことにしている。

旧北陸道案内板

津幡町の旧北陸道は、竹橋から山森まで歩いて散策することが可能です。
途中、佐々成政の加賀侵攻前線基地「龍ヶ峰城跡」があり、街道もドラマ「水戸黄門」に登場するような雰囲気を漂わせております。
ただし、鈴を携帯するなど「熊」対策を忘れないようにご注意願います。

竜ヶ峰城址

津幡町から小矢部市へ続く倶利伽羅峠

石川県河北郡津幡町から富山県小矢部市石動に続くこの北国街道には、中間に「倶利伽羅峠」があり、源平合戦「倶利伽羅峠の戦い」や前田利家、佐々成政が争った「前田・佐々抗争」の舞台となった史跡が数多く存在する。

龍ヶ峰城跡をはじめ、倶利伽羅古戦場倶利迦羅不動寺、手向神社などの観光スポットのほか、山森口から暫く倶梨迦羅不動寺へ上ると三州農園「倶利伽羅直売所」、さらに倶利伽羅の復興に貢献した等身大と伝えられる『秀雅上人像』あります。

[お勧めコース]
竹橋口 ― 龍ヶ峰城 ― 不動ヶ池 ― 手向神社 ― 倶利迦羅不動寺 ― 猿ヶ馬場 源氏ヶ峰 ― 巴塚・葵塚 ― 砺波の関 ― 埴生護国八幡宮 ― 埴生口

水戸黄門、御老公様一行が歩いてきそうな雰囲気
旧北国街道を歩く

数々の歴史的人物がこの「歴史国道・北陸道」を通過した

古代では、万葉集でも有名な「大伴家持」が越中守に任ぜられ越中に向かい、江戸時代には、「松尾芭蕉」が奥の細道の旅にて東北から現在の歴史国道・北陸道を通り金沢へ向かった。
そして、前田・佐々抗争では、後の加賀百万石の太守「前田利家」、越中の「佐々成政」が、北陸道を主に戦いを繰り広げる。
極めつけは、越中の陣にて、「豊臣秀吉」が倶利伽羅峠に本陣を構えたと伝えられるが、あまり知られていない。
まだまだある。
あの上杉謙信も加賀、能登侵攻時には、この北国街道を通過した。
日本海沿いを中央から北へ向かうには、この旧北国街道を通過することが必須であった。


2件のコメント

秀雅上人が継承した倶利伽羅村と、等身大と伝えられる『秀雅上人像』 · 2022年11月25日 6:03 PM

[…] 倶利伽羅村復興に貢献した『秀雅上人』は、旧北国街道と呼ばれる現在の歴史国道「北陸道」における倶利伽羅峠に存在する。上人の小堂は、津幡方面から不動寺に向かうと背面となり分かりづらい。福祉バス「倶利伽羅」から100メートル程坂道を上がると、左手に子安地蔵堂(こやすじぞうどう)が見えるが、右手にある小堂が『秀雅上人像』である。説明板も老朽化し読みづらくなっているが、復旧されることを望む。 […]

加賀藩における東端(朝日)の関所「堺関所」 · 2023年1月28日 11:09 PM

[…] 朝日町の史跡には、堺関所跡のほか源平の戦いで有名な「木曽義仲(源義仲)」が「以仁王」(もちひとおう)の第一皇子「北陸宮」(ほくろくのみや)を迎え入れた「宮崎城」(富山県下新川郡朝日町城山)も楽しめる。木曽義仲は、信濃から越後を経て越中へ進軍。越中朝日の宮崎太郎の館にて「北陸宮」の元服式を行った。北陸宮による戦いの正当性「錦の御旗」を得た義仲は、北国街道を西に進み、倶利伽羅峠にて平維盛率いる平家軍と激突。その後、倶利伽羅峠の戦いに勝利した義仲は、上洛を果たし「旭将軍」(朝日将軍)の称号を得る。しかし、義仲の快進撃はここまでであった。義仲は、義仲を危険視した源頼朝の弟「源義経」に敗れこの世を去る。もし、義仲が源頼朝、義経兄弟を破り天下を取った場合、北陸宮を庇護した宮崎太郎、そして越中朝日の街はさらに栄えていたかもしれない。また、時代が違えど上杉謙信も果たせなかった上洛戦(実際の軍を率いての上洛)を見事に果たした。北国街道には、まだまだ歴史ロマンがある。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です