北陸道と北国街道の違い?

度々「北陸道」と「北国街道」が混同されることがあるが、
旧北陸道は、五畿七道の一つとして、機内から北陸に伸びる日本海側の主要街道であり、
旧北国街道は、脇街道として北陸道から信州の追分に続く街道として、善光寺街道または、北国脇往還と呼ばれることもある。
そして、北陸道も含め「北国街道」と呼称する場合もある。
石川県津幡町から富山県小矢部市に至る「倶利伽羅峠」を含む「旧北陸道、旧北国街道」に関して、筆者である私は、北陸道=高速道路と混同されないために「旧北国街道」と呼ぶことにしている。

旧北陸道案内板

津幡町の旧北陸道は、竹橋から山森まで歩いて散策することが可能です。
途中、佐々成政の加賀侵攻前線基地「龍ヶ峰城跡」があり、街道もドラマ「水戸黄門」に登場するような雰囲気を漂わせております。
ただし、鈴を携帯するなど「熊」対策を忘れないようにご注意願います。

竜ヶ峰城址

津幡町から小矢部市へ続く倶利伽羅峠

石川県河北郡津幡町から富山県小矢部市石動に続くこの北国街道には、中間に「倶利伽羅峠」があり、源平合戦「倶利伽羅峠の戦い」や前田利家、佐々成政が争った「前田・佐々抗争」の舞台となった史跡が数多く存在する。

龍ヶ峰城跡をはじめ、倶利伽羅古戦場倶利迦羅不動寺、手向神社などの観光スポットのほか、山森口から暫く倶梨迦羅不動寺へ上ると三州農園「倶利伽羅直売所」があります。

[お勧めコース]
竹橋口 ― 龍ヶ峰城 ― 不動ヶ池 ― 手向神社 ― 倶利迦羅不動寺 ― 猿ヶ馬場 源氏ヶ峰 ― 巴塚・葵塚 ― 砺波の関 ― 埴生護国八幡宮 ― 埴生口

水戸黄門、御老公様一行が歩いてきそうな雰囲気
旧北国街道を歩く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です