静かにて治まる国「越前
」 の領主、朝倉義景と織田信長の戦いまで

■ドラマが越前に移るまで

戦国期、揺れる越前と江沼国境
越前の名門、朝倉家
一向宗
義景と信長

■戦国としての朝倉家系図

越前戦国物語を読みながらの観光をお楽しみください

第一章・国境震撼!加賀江沼一向宗

織田信長の北上で加賀の一向宗に衝撃が奔る。

スポット[吉崎御坊]

第二章・越前の要衝!丸岡城

柴田勝家、勝豊が越前丸岡を突破する。

スポット[丸岡城]

第三章・戦火迫る!永平寺五百羅漢

比叡山をも焼き払った信長から、永平寺を守れるか?

スポット[永平寺]

第四章・織田軍猛追!炎上一乗谷

遂に織田軍が、京にも引けを取らない北の都「一乗谷」に侵攻。

スポット[一乗谷朝倉氏遺跡]

第五章・悲劇!景鏡の裏切り

一乗谷から越前大野へ落ち延びた「義影」に弟「景鏡」の冷たい視線が突き刺さる。

スポット[洞雲寺、大野亥山城]

第六章・名門朝倉の終焉!義影自刃

六坊賢松寺、戦国大名「朝倉義景の最期」

スポット[六坊賢松寺(曹源寺)、越前大野城]

その後の、朝倉家は?

勝山の攻防~一向宗の反撃
その後の越前
織田信長の北陸制圧の行方