倶梨伽羅峠

源平合戦の中でも激戦となった倶利伽羅峠における倶梨伽羅峠の戦い(砺波山の戦い)が行われた戦場。
倶利伽羅峠には、古より五畿七道の1つである「北陸道(北國街道)」が通り、西には加賀の金沢平野へ。
東には越中の砺波平野へ繋がり、本峠を通過して多数の人々が行き来した。
明治に、わずか北に、天田越(天田峠)が開通し本峠は、あまり利用されない。
しかしながら、それまでは、交通の要衝であり越中より侵入する「木曽義仲(源義仲)」軍と、加賀(津幡)を死守する「平維盛」軍が激突した源平合戦「倶梨伽羅峠の戦い」が行われたのは必然的であったといえよう。

倶利伽羅古戦場「展望台」

倶梨伽羅峠の戦い

源平合戦の中でも激戦となった倶利伽羅峠における倶梨伽羅峠の戦い(砺波山の戦い)が行われた戦場。
源氏軍の大将は、木曽義仲(源義仲)。
平氏軍の大将は、平維盛。
結果、語り草とされる「火牛の計」にて源氏方が勝利する。

勝利した義仲軍は、その後、津幡北中条の王城に入場した。

倶利伽羅峠には、倶利伽羅古戦場を巡るたくさんの源平スポットがあります。

火牛の像

八重桜が咲き誇る桜の名所、 平維盛の本陣「猿ヶ馬場」

猿ヶ馬場には、平維盛率いる平家軍の本陣が置かれた。
数で優る平家軍ではあるものの、後方の備えが薄いのは気になるところである。
また、津幡町と小矢部市の境界となる「猿ヶ馬場」に「倶利伽羅県定公園」には、春になると八重桜が見事に咲き誇り、
源平合戦にあやかり、小矢部市が「源氏」、津幡町が「平家」と別れ、大綱引き合戦も繰り広げられます。

倶利伽羅の戦い「平維盛」本陣跡
倶利伽羅の戦い「平維盛」本陣跡

埴生八幡宮の幻影

火牛の計にて敗れた平家軍は、突如現れた「白装束」の幻影に惑わされ、次々と「地獄谷」と呼ばれる谷に雪崩込み混乱状態に。
一瞬にして前に流れる川、膿川(うみがわ)は赤く地で染まり地獄絵図と化す。
その「白装束」の幻影は、木曽義仲が戦勝祈願した埴生八幡宮の八幡大菩薩の力と伝えられる。

その他・周辺スポット

倶利伽羅古戦場周辺には、倶利迦羅不動寺などの史跡のほか地元野菜の直売所(三州農園☆直売所)があります。


2件のコメント

津幡の花見スポット「倶利伽羅公園」と「倶利迦羅さん八重桜まつり」 · 2022年3月2日 9:26 PM

[…] 倶利伽羅公園は、旧北陸道上の「倶利伽羅峠」にある公園である。石川県の津幡町と富山県の小矢部市の県境ということで小矢部「倶利伽羅県定公園」と混同されやすいが、津幡町に属する公園である。気になる両県の中であるが、現在は、倶梨伽羅峠の戦いに因んで開催される小矢部市と津幡町の交流「源平大綱引き合戦」にて両県の親睦が行われている。そんな倶利伽羅公園であるが沢山の八重桜が咲き誇り、津幡における「桜の名所」としても有名であると同時に、小矢部の方に行くと倶利伽羅峠古戦場など数々の史跡も存在する。また、津幡側には、手向神社、倶利迦羅不動寺があり、津幡の代表的な観光スポットとなっている。津幡の代表的な花見スポットである「倶利伽羅公園」に訪れる人には、もう一つの目的がある。倶利迦羅不動寺境内で厄除けの念仏赤餅つきが行われる「倶利迦羅さん八重桜まつり」。倶利迦羅さん八重桜まつりでは、古来より疫病の難から逃れられると言い伝えのあるつきたての念仏赤餅が参拝者に配られ、たくさんの花見客が同時に訪れる。 […]

NHK大河ドラマなどでも度々登場する『平清盛』の戦い · 2022年3月13日 6:55 PM

[…] 栄華を極める平清盛であったが、横暴な平氏に対する不満が国内に広がった。後白河法皇の皇子「以仁王」(もちひとおう)が立ち上がり打倒「平清盛」を宣言。ここに「源平合戦」として後世に伝わる治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)が始まるのである。北陸からは、北陸宮を擁し源義仲こと「木曽義仲」が倶利伽羅峠の戦いを経て西上し、関東からは、「源頼朝」が挙兵する。実質的な源氏の大将である源頼朝が挙兵する中、1181年に平家の大将『平清盛』がこの世を去る。享年64歳であった。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です