倶利伽羅峠

源平合戦の中でも激戦となった倶利伽羅峠における倶梨伽羅峠の戦い(砺波山の戦い)が行われた戦場。
倶利伽羅峠には、古より五畿七道の1つである「北陸道(北國街道)」が通り、西には加賀の金沢平野へ。
東には越中の砺波平野へ繋がり、本峠を通過して多数の人々が行き来した。
明治に、わずか北に、天田越(天田峠)が開通し本峠は、あまり利用されない。
しかしながら、それまでは、交通の要衝であり越中より侵入する「木曽義仲(源義仲)」軍と、加賀(津幡)を死守する「平維盛」軍が激突した源平合戦「倶梨伽羅峠の戦い」が行われたのは必然的であったといえよう。

倶利伽羅古戦場「展望台」

倶梨伽羅峠の戦い

源平合戦の中でも激戦となった倶利伽羅峠における倶梨伽羅峠の戦い(砺波山の戦い)が行われた戦場。
源氏軍の大将は、木曽義仲(源義仲)。
平氏軍の大将は、平維盛。
結果、語り草とされる「火牛の計」にて源氏方が勝利する。

火牛の像

平維盛の本陣

猿ケ馬場には、平維盛率いる平家軍の本陣が置かれた。
数で優る平家軍ではあるものの、後方の備えが薄いのは気になるところである。

倶利伽羅の戦い「平維盛」本陣跡
倶利伽羅の戦い「平維盛」本陣跡

埴生八幡宮の幻影

火牛の計にて敗れた平家軍は、突如現れた「白装束」の幻影に惑わされ、次々と「地獄谷」と呼ばれる谷に雪崩込み混乱状態に。
一瞬にして前に流れる川、膿川(うみがわ)は赤く地で染まり地獄絵図と化す。
その「白装束」の幻影は、木曽義仲が戦勝祈願した埴生八幡宮の八幡大菩薩の力と伝えられる。

倶利伽羅古戦場周辺には、倶利迦羅不動寺などの史跡のほか地元野菜の直売所(三州農園☆直売所)があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です