6千本の八重桜が咲き誇ることで有名な小矢部の「倶利伽羅県定公園」。
倶利伽羅県定公園は、旧北陸道における富山県小矢部市と石川県津幡町の県境「倶利伽羅峠」にあり、小矢部市側にある公園である。
倶梨伽羅峠の丁度、猿ケ馬場、日牛の像がある辺りが桜の名所となる。
津幡町の「倶利伽羅公園」と隣接しているが、どちらも花見スポットとしては、人気が高い。
倶梨伽羅峠の合戦地であったこの辺りは、小矢部市と津幡町の境界であることから混同しやすいが、毎年、「源平大綱引き合戦」が開催され交流が続いている。
源平大綱引き合戦は、桜の花見時期に開催され、倶利伽羅県定公園には、沢山の花見客で賑わいを見せる。

小矢部『倶利伽羅県定公園』

2件のコメント

津幡の花見スポット「倶利伽羅公園」と「倶利迦羅さん八重桜まつり」 · 2022年2月27日 12:56 PM

[…] 倶利伽羅公園は、旧北陸道上の「倶利伽羅峠」にある公園である。石川県の津幡町と富山県の小矢部市の県境ということで小矢部「倶利伽羅県定公園」と混同されやすいが、津幡町に属する公園である。気になる両県の中であるが、現在は、倶梨伽羅峠の戦いに因んで開催される小矢部市と津幡町の交流「源平大綱引き合戦」にて両県の親睦が行われている。そんな倶利伽羅公園であるが沢山の八重桜が咲き誇り、津幡における「桜の名所」としても有名であると同時に、小矢部の方に行くと倶利伽羅峠古戦場など数々の史跡も存在する。また、津幡側には、手向神社、倶利迦羅不動寺があり、津幡の代表的な観光スポットとなっている。津幡の代表的な花見スポットである「倶利伽羅公園」に訪れる人には、もう一つの目的がある。倶利迦羅不動寺境内で厄除けの念仏赤餅つきが行われる「倶利迦羅さん八重桜まつり」。倶利迦羅さん八重桜まつりでは、古来より疫病の難から逃れられると言い伝えのあるつきたての念仏赤餅が参拝者に配られ、たくさんの花見客が同時に訪れる。 […]

平維盛と倶利伽羅峠の戦い(猿ヶ馬場)の平家軍本陣跡 · 2022年3月13日 8:02 PM

[…] ここ猿ケ馬場は、小矢部市の「倶利伽羅県定公園」、津幡町の「倶利伽羅公園」は、八重桜が咲き誇る花見スポットとしても大人気です。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です