平家大将軍・平維盛

平維盛(たいらのこれもり)は、平氏一門の嫡流であり平清盛の嫡孫にあたる。
平氏一門の嫡流であり、あまりの美貌と容姿から「光源氏の再来」と称された維盛は、対源氏東方における大将軍となった。
しかし、1180年(治承3)の富士川の戦い。
そして、1183年(寿永2)の倶利伽羅峠の戦い[石川県津幡町と富山県小矢部市の中間]の、いずれも重要な戦いにて大敗北を喫し、その地位も追われることになる。
その後、一ノ谷の戦い(1184年)後は、高野山に入り出家するも船で那智の沖にある山成島に渡り入水自殺したとされるが、正式な死因は不明である。

さらに、織田氏へと続き、織田信長は、平家の流れを組むことになる。

維盛の死「南走平家説」

沖縄に伝わる歌謡集「おもろさうし」にもみられる「雨降るなかに大和の兵団が運天港に上陸した」というのは、安徳天皇を伴った平家軍または、維盛の船団であったのでは?
そして、そのいずれかが、沖縄王朝初代「舜天王」の祖であったという説が残る。
これが誠であれば、沖縄も天孫族の系統という可能性は否定できなくミステリーである。

「倶利伽羅峠の合戦」の経緯

後白河法皇を幽閉した平清盛のクーデターに対し、遂に怒りを爆発させた後白河法皇の第三王子「以仁王(もちひとおう)」。
平氏追討の令旨を全国に発令し、自ら挙兵するも無念の死を遂げる。
そして、その以仁王の王子「北陸宮(ほくろくのみや)」を担ぎ、以仁王の意志を継いだのが、木曽義仲こと源義仲であった。
越後、越中方面から西進する木曽義仲率いる源氏軍。
その源氏軍を迎撃するため、中央、加賀方面から津幡に向かったのが平維盛率いる平家軍であった。
両軍は、1183(寿永2)に倶利伽羅峠(津幡町・石動町)を境に陣を引いた。
その時、平維盛が本陣としたのが津幡・倶利伽羅山中の猿ヶ馬場(さるがばば)である。

猿ヶ馬場(倶利伽羅峠)の平家本陣跡

平維盛率いる平家軍の大敗北

埴生護国八幡宮(埴生八幡)(はにゅうはちまん)で戦勝祈願を行った木曽義仲は、寝静まった平氏軍に夜襲を開始。
平家軍は、数の上で優勢であったためか油断をしていた。
浮足立った平家軍に義仲があらかじめ用意した角に松明をつけた牛が突進。
倶利伽羅合戦の語り草「火牛の計」である。
これにより、平家軍は、断崖絶壁に突き落とされ大敗北を喫し、勝利した源氏軍は、手向神社から津幡町の「王城」に入り加賀方面へ進軍する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です