承久の乱にて敗れた「順徳上皇」

鎌倉の武家政権「北条氏」から政権奪取を目論む八十二代天皇「後醍醐上皇」。
上皇は、八十三代天皇「土御門天皇(つちみかどてんのう)」が温厚な性格であったため、北条氏討伐に意欲を燃やす八十四代天皇「順徳天皇(じゅんとくてんのう)」を誕生させる。
北条氏討伐に積極参加するため、わざわざ仲恭天皇(八十五代天皇)に譲位まで行い討幕に参画した順徳天皇であったが戦いに敗れた。

かほく海岸線

能瀬に存在した順徳上皇の仮御所「御門屋敷跡」

承久の乱に敗れた順徳上皇が佐渡へ配流(流罪・流刑)された。
佐渡へ向かう船は、能登半島通過時に大しけに遭い、やむなく王崎(現在のかほく市大崎)の浜に上陸される。
この時に、船を導いたのが領家「広済寺」の弘法太師が彫った聖徳太子像であったという。
聖徳太子像の光明により導かれた上皇一行。
その後、3年もの間、津幡の仮御所『御門屋敷』に滞在した。
また、御門邸跡とともに、順徳上皇に飲料水として差し上げるための龍ヶ口井戸跡(石川県河北郡津幡町字能瀬井74-3[英田郵便局]隣接)も存在したと伝わり、毎年4月には、順徳さん「能瀬川公園桜まつり」も開催される。

津幡町能瀬川近くに存在したと伝わる「御門屋敷跡」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です