「順徳さん謎解きウォークラリー」が令和3年にスタート

令和3年6月からスタートした「順徳さん謎解きウォークラリー」。
全国でも謎解きウォークラリーが流行りであるが、津幡町英田地区の謎解きウォークラリーは、承久の乱にて敗れた順徳上皇の所縁の地を中心に4キロ、10箇所のスポットを巡る。
領家、御門を歩きながら、「上皇に飲料水として差し上げるための井戸跡」や「順徳上皇を導いた広済寺」を見学し地域の見識を深めるのお勧め。
全てのコースを巡りスタンプを集めると「順徳さん缶バッチ」が当たるそうです。
スタンプカードは、津幡町英田公民館(石川県河北郡津幡町字能瀬井36番地)にて。

英田地区の「龍ヶ口井戸跡」を訪ねて

英田地区を流れる能瀬川公園桜まつりで知られる能瀬川。
その能瀬川沿いにある英田郵便局の「龍ヶ口井戸跡」は、承久の乱に敗れ佐渡へ向かう順徳天皇がしけのため河北に上陸し3年間滞在した時の、飲料水を目的とした井戸跡と伝わる。
井戸跡は、1986年の河川改修のため残念ながら埋められてしまい、その後、石碑が建てられる。
龍ヶ口井戸跡(たつのくちいどあと)の近くには、仮屋敷として使用された「御門屋敷跡」も存在した。

龍ヶ口井戸跡(石川県河北郡津幡町能瀬井)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です