津幡町が誇る鳳凰殿「西之坊鳳凰殿」と万灯会が開催される「庭園」

石川県津幡町の西之坊鳳凰殿(にしのぼうほうおうでん)は、1998年に「倶利迦羅不動寺」の七堂伽藍(しちどうがらん)と十二ヶ寺の復興事業の一つとして建てられる。
平安時代の寝殿造り様式を取り入れた壮大な建築物であり、新幹線の見える丘公園がある旭山工業団地を通る県道215号線から見える石川県の鳳凰殿も神秘的である。
主である三仏堂、不動堂、阿弥陀堂などのほか、阿弥陀堂では、四国八十八ヶ所お砂踏み霊場も。
また、観光シーズンである春の「西之坊鳳凰殿庭園」には、ツツジやボタンが咲き誇り、夏になると幻想的な空間の中「万灯会」が開催され、たくさんの観光客が訪れる。

西之坊鳳凰殿「万灯会」

西之坊鳳凰殿に隣接する道の駅「倶利伽羅源平の郷」は、津幡の花見スポット

津幡町の竹橋にある道の駅「倶利伽羅源平の郷」は、西之坊鳳凰殿の登り口にあり宿泊施設「倶利伽羅塾」とともに、倶利伽羅「観光」に欠かせない施設である。
倶梨伽羅塾には、源平の湯、地元野菜の直売場が設置。
倶利伽羅源平の郷には、「火牛の計」のモニュメント、倶利伽羅神社に所蔵されている「源平倶利伽羅合戦図屏風」のレプリカが展示されている。
また、展示されている剥製の巨大熊は、北横根で捕獲されたが、倶利伽羅観光するときは、くれぐれも熊、猪に注意が必要。
お勧めは、春の花見である。
津幡川に架る橋「不動橋」から見る桜は美しく、「倶利伽羅公園」「能瀬川公園桜まつり」とともに津幡の花見スポットの一つとして知られる。

津幡町の花見スポット「不動橋 」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です