御手洗池(みたらしいけ)は、石川県津幡町浅田から富山県小矢部市八講田に抜ける県道214号線上の「北横根」に存在する『聖徳太子の像伝説』にまつわる池である。
鎌倉時代末期に砺波市宮村の景完教寺(けいかんきょうじ)から、聖徳太子像を伴い北横根に移った僧が、戦国時代の騒乱の際に像をこの池に沈め隠した。
後の戦国時代末期に太子像は池から引き上げられ、景完教寺もとに無事返された。

 

北横根周辺には、一乗寺跡(小矢部市)、倶利伽羅不動尊などスポットが数多く存在します。また、自然栽培米を三州農園が取り組み田園風景が自慢の地域でもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です