前田利家と金沢城の歴史

もともとは、「尾山御坊」であった「金沢城」。
一向一揆の拠点であった尾山御坊は、1580年(天正8)織田信長配下の、佐久間盛政により陥落。
後に、前田利家により「金沢城」として大改築された。

前田利家の金沢入り

1570年(永禄13)から始まった、織田氏と朝倉氏の対立
1573年(天正元)越前の朝倉義景を討った織田信長は、佐久間盛政を将とし加賀侵攻を開始。
盛政は、1577年(天正5)には、上杉謙信の攻撃から小松の御幸塚城(小松市今江町)を死守すると、翌年には、加賀一向一揆の拠点「尾山御坊」を攻略。
その頃、前田利家も加賀から能登に侵攻し、1581年(天正9)の信長から能登一国を与えられ、七尾城そして、後に小丸山城に入る。
しかし、1582年(天正10)、本能寺により信長がこの世を去り、羽柴秀吉と柴田勝家が信長の後継争いをする中、遂に両者の間で「賤ケ岳の戦い」が勃発。
勝家に付いた盛政と、最終的に秀吉に付いた利家であったが、秀吉が勝利。
その功労により、利家は能登に加えて金沢も加増され能登「小丸山城」から加賀「尾山城」後の金沢城へ居城を移した。

石川門(いしかわもん)

兼六園と金沢城をつなぐ裏門「搦め手門」と機能した石川門。
桝形と呼ばれる複雑な構造は、敵の進入を鈍らせる「織豊型」を採用しているところに利家の経験が生かされている。

金沢城の石垣は、戸室山の「戸室石 」

金沢城の石垣として使用される石であり、「とむろやま」の「とむろいし」を採用している。
「戸室山」は、8キロ東にある山です。
「戸室石」には2種類あります。
赤味を帯びた石が「あかとむろ」。
青味を帯びた石が「あおとむろ」であり、最近行った復元工事も、戸室石を使って再現されました。
「とむろいし」からは、遠赤外線が発せらる。
パン、ベッド、その他
金沢では、その効果を利用した商品も数多くあります。


2件のコメント

第10章・⑨釣り野伏せ・改 | 家康に言葉での「釣り野伏せ」を仕掛ける島津義弘 · 2022年2月27日 3:36 PM

[…] 中国安芸の決戦にて毛利家は、徳川を裏切った。度重なる裏切りに、毛利家の毛利秀包が心を痛めていた。そこで、その秀包の心中を察した義弘が、毛利の威厳を取り戻すため毛利秀包を四国の藤堂高虎征伐に向かわせたのである。高虎は生け捕られ、事の真意を吐かされた。義弘がたたみ掛ける。「本多正信を処罰するが、よろしいな。徳川殿」家康は、正信を切り捨てた。「好きにされるがよい」正信は危険である。義弘は今後、本多正信だけはそのままにしておくつもりはなかった。金沢城にて行われた金沢評定も終盤、今後の日の本について進んでいった。 […]

海岸線に築かれた富山・氷見の要塞「阿尾城」 · 2023年1月29日 10:29 PM

[…] 九州肥後から流れ越中・氷見城主となった「菊池武勝」。越中において当初は、阿尾城主として上杉謙信の配下となり、織田信長(おだのぶなが)、佐々成政(さっさなりまさ)、前田利家(まえだとしいえ)と次々と主君を代えながらも阿尾城主としての地位を守り抜く。前田、佐々抗争では、豊臣秀吉と争った富山城の城主「佐々成政」から金沢城の城主「前田利家」に鞍替えし、前田慶次郎(まえだけいじろう)など前田軍を城へ迎え入れた。越後の上杉景勝(うえすぎかげかつ)との戦いから領国経営に時間をかける事が出来なかった成政。金沢移封後、隣国における軍事行動が少なく、在地勢力の懐柔に余裕があった利家の差がここに出たのであった。菊池武勝、安信親子は、前田家に従う事で氷見を安堵されるが、安信の死後間もなく阿尾城は、廃城となる。菊池一族も正式に前田家の家臣となり、ここで阿尾城主としての役割も終えることになる。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です