1.金沢戦国物語・第3章

金沢城は加賀平野に突き出した小立野台地に位置し、北に女川こと浅野川、南には男川こと犀川が流れ天然の要害となしている。
ここ犀川の南、金沢市「寺町」。
前田家が金沢へ入城後、犀川とともに南の要害とした寺院群が存在したのが町名「寺町」たる所以である。
寺町寺院群は町区画整備にて寺院を集めたほか、南方面防備の役割を果たしていると伝えられる、が?
利家が金沢へ入る前の所領、能登七尾も同じような方法がとられている。
いざという時には寺院が砦の役割を果たすというものである。
そして、それを証明する代表的なものが、「妙立寺」であり、高度なからくり建築から通称「忍者寺」と呼ばれている。

忍者寺(妙立寺・みょうりゅうじ)[金沢市野町1-2-12]

2.本当に寺町寺院群は、南方面防備のため設計されたのか

寺町寺院群は、町区画整備とともに南方面防備の役割も兼ねていると伝わる。
果たしてそうなのか?
疑問が残る。
百万石を誇る大大名「前田家」は、ほぼ攻められる恐れがない。
南の越前「結城秀康」に関しては、徳川であり、逆らわない限り安泰である。
万が一に謀反の疑いをかけられたとしても、恐らく前田気質からして戦いの選択肢はほぼないであろう。
それよりは、むしろ北の浄土真宗を中心とした一向宗とも呼ばれる一揆勢力を意識したのではあるまいか。
そもそも、金沢城から見て寺町寺院群は高台にある。
北から一揆勢力に攻められ、金沢城が危うい場合、金沢城より高台で地の利がある寺町寺院群を防御線とし、越前からの援軍を待つ。
越前、加賀、そして能登の一揆勢力と戦いを繰り広げてきた前田利家、そして前田家であるからこそ北を意識したのではと勝手にシミュレーションしてしまうのは、自分だけか。
コメント欄に、ご意見をお待ちしております。

④金沢城下町の形成~忘れ得ぬ守護神「長続連」★長町武家屋敷跡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です