ここ北陸での真宗の始まりは、吉崎である。
吉崎は、真宗中興の祖である蓮如上人が北陸布教の根拠地とし
て開いた坊舎であり、後の「真宗王国」発祥の地である。
また、越前と江沼の国境は一向宗の拠点でもある。
一向宗の起こりとは言っても、何も蓮如上人が一向宗、一揆を勧めたわけではなく、一向宗と名乗る事を控えさせている。
一向宗とは、宗派ではなく、特定の行動や習慣などを共有するかたまりと考えられる。
ゆえに、一向宗はある時は〇宗、またある時は△宗、あるものは×宗と利害により移り変わる。
一向宗と呼ばれるかたまりは、真宗及び、蓮如を慕い集まった。
そして戦国期に入り、本願寺十一世法主顕如はこの一向宗を糾合し、日本全国を巻き込む一大勢力を結成した。
加賀・江沼はその代表的な国であり、真宗支配にて「百姓のもちたる国」と謳われるようになる。
その本願寺を頭とする一向宗は、長年の宿敵であった越前朝倉家と結び、共通の敵、織田信長に対抗する道を選択する。

[本願寺系図]

越前プロローグ④ | 義景と信長


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です