金沢戦国物語・第4章

金沢へ入った前田利家は、北に浅野川、南に犀川と天然の要害を整備。
それと同時に、前田家家臣の所領配分も進んだ。
横山町の横山家、本多町の本多家、そして長町に屋敷を構えた長家など。
かれらは後に加賀八家と呼ばれた。
ここ金沢「長町」は、野村家など屋敷跡が今でも残り、武家屋敷群として武家文化の名残を色濃く残す。
1577年(天正5)、上杉謙信の能登侵攻にて、織田信長方の畠山氏居城「七尾城」が遊佐続光の裏切りにより落城。
しかし、畠山氏の家臣であった長家三男「長連龍」は、後に執念で遊佐続光を討ち取る。
その後、前田家の配下となり数多くの利家の窮地を救い戦功を挙げる。
連龍の率いる「長家」は、利家の死後、利長の時代においても北陸の関ヶ原と呼ばれる「浅井畷の戦い」にて熾烈なしんがりを担うなど数々の戦功をあげる。
まさに、長連龍は、前田家にとっての守護神的存在であった。

金沢市の観光スポット『長町武家屋敷群』

北陸新幹線が開通し、外国人観光客の中でも人気が高い『長町武家屋敷跡』。
金沢・長町には、野村家屋敷跡、最近にぎやかなカフェなどのほかにも、見どころは、たくさんあります。
中でもお勧めは、冬の薦掛け(こもがけ)。
薦掛けとは、土塀を雪や氷から守るためのものであり、兼六園の雪吊りとともに雪国金沢の武家屋敷群を飾る冬の風物詩である。
これを見なければ、雪国金沢を語ることは出来ません。
また、石川県や金沢市の長町のパンフレットでは、薦掛けや、和菓子の説明はたくさんありますが、肝心の長氏の説明が少ないのはとても残念です。
長町(ながまち)の名は、前田家の家臣『長氏』の屋敷があったことに由来する。
そして、長氏は、鎌倉幕府の御家人から能登へ渡り、男爵家となった家柄。
戦国期には、越後の龍「上杉謙信 」の能登襲来、 そして、北陸の関ヶ原にての活躍など、長氏にもスポットを当てていただきたい。長町武家屋敷跡(nagamachi english)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です