北に浅野川、南に犀川と天然の要害を整備。

そして、前田家家臣の所領配分も進んだ。

横山町の横山家、本多町の本多家、そして長町に屋敷を構えた長家など。

かれらは後に加賀八家と呼ばれた。

ここ長町は、野村家など屋敷跡が今でも残り、武家屋敷群として武家文化の名残を色濃く残す。

天正5年(1577年)、上杉謙信の能登侵攻にて、織田信長方の畠山氏居城「七尾城」が遊佐続光の裏切りにより落城。

しかし、畠山氏家臣であった長家三男「長続連」は、後に執念で遊佐続光を討ち取る。

その後、前田家の配下となり数多くの利家の窮地を救い戦功を挙げる。

利長の時代においても、北陸の関ヶ原と呼ばれる「浅井畷の戦い」にて熾烈なしんがりを担うなど、前田家にとっては守護神的存在といえよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です