1.金沢戦国物語・第6章

「もうこんな時刻となったか」
宝円寺から始まったこの旅。
信長様に仕えた若き日から、真宗王国での戦い。
そして太閤秀吉からもらった百万石金沢の城下町と利長、利政。
どれも、これも懐かしい限りである。
「この『尾山神社』は、わしと、「まつ」のために建立してくれたと聞く」
「うれしいばかりじゃ」
「そうこうしているうちに、意識が薄れてきたようじゃ」
「そろそろ天に帰る時間であるか」
最後に、自分に祈るというのはおかしい話であるが、手を合わせよう。
「城下町金沢が世界最高峰の観光の地となるように」

前田利家公と芳春院(まつ)を祀る『尾山神社 』金沢市尾山町11-1

2.尾山神社の歴史とステンドグラス

加賀藩祖「前田利家」と妻の「芳春院(まつ)」を祭神とする金沢の「尾山神社」おやまじんじゃ。
利家の嫡男「前田利長」は、前田利家の死後、徳川の目もあることから越中にある物部神社併祀する八幡宮の「八幡神」と榊葉神明宮の「天照大神」を勧請し卯辰八幡社を建立。
そして、利家を合祀する。
その後、1873年(明治6年)に新たに尾山神社を創建した。
利家は、「物部氏」の末裔と称していた時期もあるというが・・
最も人気があるのは、尾山神社の神門である。
色ガラス(ギヤマン)がはめられ最上階は、当初は、灯台の役割も兼ねていたようだ。
ビル街になるまでは、金沢港、大野湊からも見えていたと伝わる。
摂社「金谷神社」には、歴代藩主が祀られ、敷地内には、前田利長騎馬像も見ることが出来る。

色ガラス(ギヤマン)の神門

3.パワースポット「尾山神社 」の見どころ

勝負運の上昇で人気の「尾山神社」。
受験生の定番「金澤神社」とともに、学業成就。
触れると健康になるという「さし石」。
など。
尾山神社は、金沢のパワースポットでもあります。
ギヤマンの神門のほか、尾山神社の見どころは、神苑にひかれた導水管。
お松の方座像など。
インスタ映えを狙うなら、やはり夕方である。

4.前田利家の神社ギャラリー

金沢戦国物語~前田利家の苦悩と大城下町金沢形成を巡る金沢観光コース


1件のコメント

物部氏の伝説が残る高岡市「物部神社」と「ニギハヤヒ」 · 2023年1月29日 3:39 PM

[…] 富山県高岡市東海老坂に鎮座する「物部神社」(もののべじんじゃ)。高岡の物部神社の歴史は、第八代「孝元天皇」(こうげんてんのう)の時代、第一皇子であり四道将軍の1人であった大彦命(おおひこのみこと)が北陸に派遣されたことに始まる。これに伴い、物部一族らも北陸へ向かった。その後、大伴家持(おおとものやかもち)と共に越中国入りした物部一族が、物部の祖神を拝見し喜んだことが伝えられることから、既に「物部神社」の前形が存在していた可能性が大きい。この時点では、物部氏の祖とされる宇摩志麻治命(うましまじのみこと)のみを祀っていたと考えられる。また、高岡にある物部神社は、当初、現在の高岡市と氷見市との境界の奥山に鎮座していた。物部氏は、謎多き人物として知られるが、神武天皇よりも前に大和入りをした「饒速日命」ニギハヤヒが祖先と伝わる神別氏族。物部氏というと奈良の「石上神宮」(いそのかみじんぐう)が思い浮かぶが、石上神宮は、主祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)であるが、祭神として宇摩志麻治命(うましまじのみこと)を祀っている。時代が過ぎて戦国末期の頃、加賀藩祖「前田利家」(まえだとしいえ)により物部神社の歴史にも変化が訪れた。前田利家は、菅原道真(すがわらのみちざね)の後裔にて菅原氏を称しているが、一方、俄かに信じがたいが物部の末裔とも称していたとの記録も残る。利家の物部末裔説を都合よく継承した利家の子「前田利長」は、守護神としていた物部神社を遷座する名目で、卯辰山麓に卯辰八幡宮を建立した。これが、後の前田家の利家とお松の方を祀る尾山神社へ繋がるのである。現在の物部神社は、この時に、氷見から現在の高岡市海老坂に新たに八幡宮を併祀し「物部八幡宮」、そして現在の「物部神社」に至るのでは?物部氏には、非常に興味があることから、さらに研究を進めるつもりである。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です