金沢戦国物語・第1章

越前府中から能登国「七尾」へ。

当時三万石の小身であった利家が十万石の大名となった年。

信長旗下として働き、越前朝倉家征伐、加賀一向一揆との戦いなど、北陸においても戦場を駆けに駆け巡った。

それも報われ、ようやく十万石という一国一城の主となり七尾へ向かったのである。

宝円寺住持「直伝正祖(じきでんしょうそ)」に帰依していた利家は、宝円寺を、七尾にも建立し、利家の心の支えとして存在していくことになる。

ここ金沢に、宝円寺が建立されるのは、それから2年後の1583年のことであった。

前田利家公の菩提寺

宝円寺[金沢市宝町6-14]「前田利家」 公の菩提寺

前田利家公の菩提寺「宝円寺」

前田利家公の菩提寺「宝円寺」
金沢市の小立野寺院群にある曹洞宗「宝円寺」は、前田利家公の菩提寺であり、前田利家を巡るうえでの金沢観光スポットである。
寺町寺院群は、犀川の外に配置されているが、加賀百万石の祖である前田利家の菩提寺・宝円寺がここに創建されたことからも小立野寺院群には、天徳院、永福寺など前田家を語るには重要な人物の菩提寺が数多く存在する。
墓所内には、利家の自画像、髪を納めた御影堂・御髪堂などがあります。

御影堂・御髪堂
御影堂・御髪堂

②利家、金沢城へ | 一向宗との戦いから得た真宗王国の改造〈石川門〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です