戦国初期は、肥後菊池家として熊本に君臨

富山から能登への海上および街道をおさえる氷見の要衝「阿尾城」。
城主の菊池武勝は、藤原氏の流れを組む肥後の豪族「菊池」の末裔であり、戦国初期には、九州の大友氏などと争った。
越中の菊池家は、肥後菊池家十二代「武時」の子「武敏」の系統と考えられる。

戦国末期の越中菊池家

越中において最初は、阿尾城主として上杉謙信の配下となり、織田信長、佐々成政、前田利家と主君を次々と代えながらも阿尾城主としての地位を守り抜く。
前田、佐々抗争では、豊臣秀吉と争った富山城主「佐々成政」から金沢城主「前田利家」に鞍替えし、前田慶次郎など前田軍を城へ迎え入れた。
日本海側であっても、珍しい海岸線の城。富山湾に面した丘陵に築かれた氷見の「阿尾城」は、二の丸・三の丸も存在し今でも海上要塞の面影を色濃く残す。
ちなみに現在の氷見市は、寒ブリで知られ、冬の雷でブリが獲れ始める「鰤起こし」(ぶり起こし)は、有名である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です