北陸の関ヶ原へ

家康率いる東軍十万と、石田三成率いる西軍十万が関ヶ原に迫った。
その後、有名な関ヶ原の戦いが起きるわけであるが、戦いは、関ヶ原に限らなかった。
東北では、伊達政宗と上杉景勝が争い、九州では黒田如水が野心を秘め、九州席捲を目論む。
そして北陸では、前田利長が中央の家康と合流するため、北陸道を南へ進撃を開始した。
これが世に言う「北陸の関ヶ原」である。
前田軍が中央へ向かうには、まず小松を通過しなければならない。
小松には西軍方に付いた剛将、丹羽重長が手薬煉をひいて待っている。
慶長五年(1600)七月二十六日、前田軍は二万五千の大軍を率いて金沢城を発った。
松任、水島を経由し、手取川を渡り和田山へ登る。
三道山の一部ともいえる和田山に本陣を構えた前田軍。
その報を聞き、隙を伺う丹羽軍の間で、北陸の関ヶ原が始まろうとしていた。

水島神社[白山市水島]前田軍は松任から水島、和田山へ進軍

小松戦国物語~前田利長、関ヶ原へ急ぐTOPへ戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です