帰雲城の支城「萩町城」

白川郷の本城「帰雲城」の支城として、山下氏勝を城主とする。
豊臣秀吉の越中征伐「富山の役」において、帰雲城を留守にしていた白川郷の総帥「内ヶ島氏理」に変わり、本城「帰雲城」に入る。
しかし、内ヶ島氏が豊臣方の将「金森長近」に降伏。
もうひとつの支城「向牧戸城」を守る川尻氏信の裏切りにより向牧戸城が落城。
結果、内ヶ島氏は降伏し金森長近配下の収まることとなる。

萩町城の展望台からは、世界遺産白川郷合掌集落を一望することが出来ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です