帰雲城の支城「向牧戸城」

豊臣秀吉の越中征伐「富山の役」では、白川郷の総帥「内ヶ島氏理」は、佐々成政に従い飛騨を留守にしていた。
留守居で秀吉方の将「金森長近」の侵攻に備えた荻町城主「山下氏勝」、向牧戸城主( むかいまきどじょう)「川尻氏信」は大きく揺れた。
氏理が留守である本城「帰雲城」を守る山下氏勝に対し、向牧戸城主である川尻氏信は、金森長近に内応した。
本来堅城であったはずの向牧戸城が落城したことにより、内ヶ島氏理は長近に降伏する。

幸運か?不運か?川尻氏信

飛騨白川郷侵攻中の金森長近に内容した氏信は、金森方との和議成立を機に帰雲城で催された宴会に氏信は当然声がかからなった。
しかし、宴の夜に天正地震が発生し帰雲城は埋没。
宴に参加していなかった氏信は、不幸中の幸いか、死を免れることが出来た。
九死に一生を得た氏信は、不運であったか?また幸運であったか?
その後、川尻家は、江戸期に帰農することになる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です