鮎崎城飛騨松倉城などと共に富山の役において金森長近の飛騨侵攻時に登場する「鍋山城」。
鍋山三木家から養子を迎えた鍋山家。
しかし、養子である三木顕綱が鍋山一家を毒殺、または追放し鍋山乗っ取りに成功。
さらに、乗っ取りの張本人である顕綱が、謀反の疑いをかけられ主家であり兄である三木自綱により暗殺されるという経緯がある。
その後は、自綱頼綱の次男「秀綱」、三男「李綱」と鍋山城主が交代し、金森時代へと時代が進む。城の歴史は血生臭い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です