鍋山城と共に、富山の役に登場する飛騨の城。
佐々成政征伐における飛騨侵攻軍総大将「金森長近」が三木自綱の次男「秀綱」が籠る「飛騨松倉城」攻めの拠点とした城であり、城跡からは、鍋山城、松倉城、高山城が一望出来る地である。
鮎崎城に陣を構えた時点では、既に高堂城、広瀬城、鍋山城などが落城していたものと思われる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です