飛騨における江馬氏と江馬氏館

現在の神岡を中心に、戦国期に飛騨北部を支配していた江馬氏。
その屋敷跡「江馬氏城館跡」が昭和55年に国の史跡に指定された。
戦国期の江馬氏は、「江馬時盛」「江馬輝盛」を指す。
特に「江馬輝盛」は、甲斐の武田信玄、越後の上杉謙信の間に翻弄され、また、巧みに立ち回った。
武田上杉の争いが終わると、織田信長に臣従しつつ北飛騨の完全支配に乗り出す。
その後、南飛騨の飛騨松倉城主「三木自綱(姉小路頼綱)」と飛騨全土の覇権を巡り争い、飛騨の関ヶ原と謳われる「八日町の戦いで」敗れ、飛騨支配も志半ばでこの世を去った。
江馬氏城館跡は、地層から堀、屋敷跡など当時の様子が伺える。
また、復元された庭園、5つの大きな殿様の庭石(伝説)は美しく飛騨の静かな観光スポットである。


江馬氏城館跡(岐阜県飛騨市神岡町)

道の駅(スカイドーム神岡)

江馬氏館は、スカイドーム神岡に隣接し、復元された江馬氏城館跡の主門、庭園、薬研堀などが見学できる。
また、近くには、江馬輝盛の神岡城もあり静かな神岡の街を花見シーズンに足を運ぶのも一興。

江馬氏城館跡・西側土塀
江馬氏城館跡・復元会所 
江馬氏城館跡・西堀(薬研堀) 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です