白鳥城の出城「安田城」

1585年(天正13)、豊臣秀吉の越中「佐々成政」征伐、富山の役の際、富山城牽制を目的に築城した出城。
豊臣軍の前衛本陣「白鳥城」を拠点に、安田城、大峪城が富山城に圧をかけた。
城の東側を流れる井田川から水を引き込み周囲に小規模であるが堀が築かれた。

安田城跡資料館

出城にしては、立派な縄張りである事が伺える。
安田城跡資料館が併設され、秀吉、成政について詳しく展示されている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です