加賀「松任城」にて織田軍の隙を伺う上杉謙信

「柴田勝家」率いる織田軍が、手取川を渡り始めると同時に、七尾城を落とした上杉謙信も、電光石火の如く南下を始めた。
手取川を渡った織田軍を迎え撃つためである。
南下した謙信は、加賀の松任城に入った。
松任城は、鏑木氏の居城で手取川の北に位置し、現在のJR松任駅前「松任城址公園」(旧「おかりや公園」)に位置する。
松任城の石垣が、雨に叩きつけられる。
謙信が松任城に入っても、織田軍は動かない。
その間に謙信は、松任城主「鏑木頼信」から手取川の情報を収集していた。
家臣達が出撃を願ったが、謙信は何かを待っていた。
「柴田め、動きませぬな・・・」
謙信には、自信があった。
「いや、必ず動く」
〈川を背に動かぬ訳がない〉
そして、雨がさらに強くなった時であった。
「親方様!織田軍、夜陰にまぎれ手取川を南に撤収を始めました」
織田軍は、七尾城救援に間に合わず、上杉本隊との衝突を避けるため密かに軍を返したのであった。
謙信はこの時を待っていた。
〈やはり我が軍との衝突を避けたか・・〉
「この長雨じゃあ、追え」
精強な上杉騎馬隊が、織田軍を追い始めたのは深夜のことであった。

松任城跡

松任城址公園(旧・おかりや公園)と鏑木氏

松任城は、戦国期には、鏑木氏の居城として歴史に登場する。
平安末期に松任氏の館があったことが「松任城」の名前の由来である。
昭和43年の開設時「おかりや公園」という名称であったが、現在は、「松任城址公園」と名称変更された。
JR松任駅前の平地に、「本丸」「二ノ丸」「三ノ丸」そして「出丸」まで備えいたのは、驚きである。
手取川の戦い前には、上杉謙信の大軍にも落城しなかったとされ、謙信は、当時の松任城主「鏑木頼信」と和睦に至り何とか傘下に収めたと伝えられる。
手取川の戦い後は、上杉軍が越後へ引き上げた後に、柴田勝家により落城。
山則秀が城代となり、さらに、前田利長など前田家と続く。

小松戦国物語の第一章・嵐の前触れ!前田利長「和田山城」に着陣では、小松に向かう前田利長率いる前田軍は、金沢出立後、松任に入った。

松任城址公園(旧・おかりや公園)

手取川戦国物語探訪★第四章・織田軍大敗!名取川のように~はねる謙信、「手取川の戦い」における謙信の恐るべし戦術


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です