初代「島津忠久」から始まる「薩摩島津氏 」

薩摩島津氏。
もともとは、1185年頃、惟宗広言の嫡男「忠久」が、鎌倉初期に中央より南九州の近衛家領荘園「島津」へ入ったのが薩摩島津家の始まりである。
初代「忠久」が薩摩島津家の初代であり、
それから四百年の間、薩摩の主として君臨する。
しかし、宗家、分家の間では常に争い事が絶えず、さらに北薩摩、大隈、日向には有力豪族が存在していた。
渋谷家、蒲生家、伊東家などである。
そして、忠良(日新斎)と十五代貴久を中心とし薩摩、大隈、日向を舞台に抗争が激化する。
これが三州統一戦である。
その三州を、貴久の子「義久」とその兄弟「義弘」「歳久」の代に入りようやく統一することに成功。
そして、三州統一を果たした島津は次なる野望に着手した。
九州三国志とも謳われる、島津四兄弟の州制覇戦である。

薩摩島津氏と若狭島津氏

惟宗広言の嫡男であった「忠久」が島津荘「薩摩」へ。
次男「忠季」氏が、若狭へ入り若狭守護となった。
若狭へ入った忠季の以降、若狭守護を追われた若狭家は、南北朝時代、室町時代を経て「島津」姓を名乗り、若狭島津氏として現在に至る。

また、「忠久」「忠季」いずれも、本当に広言の実子であったかは、不明である。

若狭島津氏が統治した越前海岸

薩摩島津氏の歴史

1185年 惟宗忠久の島津荘入りから、初代「島津忠久」から始まる薩摩島津氏の歴史が始まる。
1221年 二代「島津忠時」が、承久の乱にて鎌倉方として後鳥羽上皇の京方と戦う。
1274年 三代「島津久経」が、北九州に上陸した元軍と戦う。(文永の役)
1337年 六代「島津師久」が、南北朝の動乱において、足利尊氏が支持する北朝方として参戦。
1577年 天正5年に16代「島津義久」「島津義弘」を中心とした島津の九州制覇「九州制覇戦」が始まる。

1587年 天正15年、島津義久が薩摩川内「泰平寺」にて、秀吉に降伏。
1600年 17代「島津義弘」が石田三成の西軍として「関ヶ原の戦い」に参戦。
1609年 18代「島津忠恒(後の島津家久)」による、琉球征伐。

北薩戦国物語プロローグ② | 島津の九州制覇「九州制覇戦」へ進む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です