ストップ徳川家康、唯一の存在である大納言「前田利家」

慶長三年(1598)、天下人「豊臣秀吉」がこの世を去った。

秀吉の死、それは日ノ本が再び乱世に戻ることを意味する。

秀吉は、自らの死後を想定し、五大老、五奉行制を引いた。

五大老とは徳川家康、前田利家を筆頭に上杉景勝、毛利輝元、宇喜多秀家であり、一方五奉行には石田三成、浅野長政、増田長盛、前田玄以、長束正家が名を連ねる。

そして、秀吉の死後、待ってましたとばかりに家康の野心が露わになる。

家康は、御法度である大名間の縁組、豊臣恩顧武将の取り込みを行い、天下取りに向け、蠢動する。

そのような中、この家康を唯一止めることが出来る者が一人いた。

大納言「前田利家」である。

利家がいたからこそ、家康の動きは裏工作のみで留まっており、それだけ家康が恐れていたことが伺われる。

しかし、慶長四年(1599)、ついに利家がこの世を去った。

前田利家像(尾山神社)

若き日の、槍の又左「前田利家」像~金沢市尾山町(尾山神社敷地内)

豊臣政権の五大老・五奉行制

小松プロローグ② | 悩める前田利長~家康の策略


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です