島津四兄弟の九州制覇戦と九州三国志

三州を統一した島津家は、その勢いに乗り、島津四兄弟による九州制覇戦に着手した。
当時九州には、島津家より強国が二つ存在する。
一つは、豊後の大友氏。
キリシタン大名にて九州一の勢力を誇る。
もう一つは肥前の熊「竜造寺隆信」。
大友氏に次ぐ九州の勢力であり、
この大友家、竜造寺家。
そして、薩摩島津家が九州三大勢力として君臨し、九州三国史とも呼ばれた。
この三者の争い、まずは島津、大友の間で始まった。
この境である北日向には、伊東家が存在し、その伊東家を島津が襲った。
伊東家は、大友家の助けを求め、その大友家との間で戦いが起きる。
九州キリシタン教国を夢見る大友宗麟は、寺社を破壊し、島津は後退を繰り返す。
勢いに乗る大友勢は耳川を渡った。
しかし、状況が一転。
戦いを優位に進めたのは、小勢の島津勢の方であった。
負けたと見せかけ、罠に誘い込む。
島津の「釣り野伏せ」である。
罠に掛かった大友勢は、大敗を喫し、次いで威信回復をかけた竜造寺家との戦いにも敗れ
九州争奪戦から脱落。
そうなると島津、竜造寺との戦いは自然の成り行きであった。
その戦いにも、島津が勝利し、いよいよ大友家にとどめを差すべく豊後府内へ侵入を開始する。

臼杵城跡(うすきじょう) 大分県臼杵市

北薩戦国物語プロローグ③ | 関白、豊臣秀吉へ進む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です