第一次九州征伐「戸次の戦い」

織田がつき、羽柴がこねし天下餅。
座りしままに 食ふは徳川。
天下餅の歌は、あまりにも有名である。
信長の死後、織田軍団を丸ごと配下に治めた秀吉は、関白太政大臣の座につく。
天下人、豊臣秀吉の誕生である。
秀吉は出自が農民であることから征夷大将軍の座には付けない。
その代案として考え出した苦肉の策が、関白の地位であった。
関白秀吉は、中国の毛利家を配下に治め、四国の帝王、長曾我部元親を降す。
残すは、九州のみである。
そこに、豊後の大友宗麟が秀吉の前に現れた。
宗麟は、島津排除のため面子を捨て、やむを得ず秀吉を頼ったのである。
秀吉にすれば渡りに船。
快く宗麟の願いを聞き入れ、中国勢、四国勢を中心に十万以上の大軍を九州に送り込む。
第一次九州征伐の始まりである。
関白秀吉軍は仙石久秀を軍官として豊後戸次へ攻め入った。
その大軍勢を島津勢が迎え撃つ。
戸次の戦いである。
島津家のお家芸「釣り野伏せ」の前に、関白秀吉軍は敗退した。
それを大阪にて報を受けた秀吉は、大激怒。
遂に秀吉自ら出陣し、九州を三方面より進撃を開始した。

北薩戦国物語プロローグ④ | 第二次九州征伐へ進む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です