『末森城址』が語りかける末森山古戦場の歴史

1584年(天正12)に、羽柴秀吉と徳川家康が戦った「小牧長久の戦い」を機に、加賀の前田利家、越中の佐々成政の抗争が激化。
前田・佐々戦争である。
羽柴派の前田に対し、徳川派の佐々は、越中一乗寺城から加賀の朝日山城を攻撃。
しかし、前田家の城将「村井長頼」により撃退され、さらに、「一乗寺城」「龍ヶ峰城」も奪取される。
成政は、戦略の見直しを迫られる。
起死回生に出た成政は、大軍を率いて能登に侵攻。
現在の宝達清水町にある能登『末森城』(すえもりじょう)を急襲する。
夜襲を掛けることで序盤は、優勢であったものの、末森城の城主「奥村永福」(おくむらながとみ)が粘りを見せ奮戦。
予想外の苦戦に城攻めに時を費やしたことで、前田利家率いる本隊が佐々軍の後方に攻めかかった。
これにより、佐々軍は越中に敗走し、富山城を拠点に越中防衛に力を注ぐことになる。
末森城の戦い(末森の合戦)は、前田利家の大勝利で終わった。
また、この『末森城の戦い』をもって、事実上の「前田佐々抗争」が幕を閉じる。

末森城の戦いを語る『末森山古戦場』

末森城の戦いにて奮闘する 末森城主『奥村永福』

前田利家と同じく尾張国で生まれた奥村永福は、利家の兄「利久」の家臣であった。
尾張からの利家家臣であるが、利家と兄利久の家督相続問題の件にて、一度は浪人するに至り前田家を去る。
しかし、織田信長の北陸侵攻時に、前田家に帰参。
前田家の金沢入りすると、能登『末森城』を与えられる。
その後、前田家の危機『末森城の戦い』(1584年)時には、宿敵「佐々成政」1万五千もの大軍の猛攻を凌ぎ、前田利家を救った。
末森城の城主『奥村永福』の奮闘ぶりは、豊臣秀吉にも評価され、加賀前田家の重臣として利家、利長、利常の三代に渡り活躍した。

宝達志水町の能登『末森城跡』

末森城の戦いに関連する史跡には、「富山城」「津幡城」が存在します。また末森城の近くには、「そば処上杉」という有名な蕎麦屋さんもオススメ。

末森城近くの「そば処上杉」
そば処上杉(石川県羽咋郡宝達志水町麦生ヌ68 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です