越前戦国物語・第4章~朝倉氏の一乗谷へ攻め寄せる織田信長

既に、ここ一乗谷では、「朝倉義景」敗走の噂が広まっている。
京にも劣らぬ朝倉氏の本拠『一乗谷』は、略奪する者、逃げ惑う者で混乱状態となっている。
そこに、今回従軍拒否した従弟「朝倉景鏡」が姿を現した。
「殿、ここは、もう危のうござる」
「落ちられよ」
疲労が充満した顔の義景が静かに答える。
「どこへ行けと申すのじゃ」
景鏡は、東を指差す。
「我が大野亥山城に入られよ」
大野亥山城は、景鏡の居城であり、間もなく織田軍が迫ってくる一乗谷よりは、混乱していない。
義景は、正直諦めかけていた。
義景は、気高い分に粘りがない。
この差が、戦国乱世で明暗を分けた。
暫く時が過ぎ、義景は重い腰をようやく上げた。
「大野へ行こう・・・」
景鏡が先頭となり、義景一向は越前大野へ向う。
それから暫く、一乗谷の空に真っ赤な炎が上った。
ここに朝倉氏五代が築いた王国「一乗谷」が落城する。

朝倉館跡

朝倉氏五代が築いた『一乗谷朝倉氏遺跡』

 福井の名門「朝倉家」が築き上げた一大文化王国、朝倉氏の『一乗谷』。
旧北陸道と並行した山道が現在の南越前町まで続く古道「朝倉街道」の存在から、京都へのアクセスを意識した国造りとなっている。
また、「朝倉館跡」背後にある「一乗谷城跡」は、戦国初期からの山城の特徴を持つ戦時のみの機能で、朝倉館跡と一乗谷朝倉氏庭園(国の特別名勝)を含む一乗谷の敷地内の規模を考えると、朝倉家の文化レベルの高さが伺える。
1967年から発掘調査された一乗谷朝倉氏遺跡(福井県福井市城戸ノ内町)は、2007年には特に調査が進み国の重要文化財・特別史跡・特別名勝に指定された。
福井豪雨を知らずに翌日(?)に一乗谷を訪れた時には、通行道など大被害を目にし、悲痛な思いをしたことを覚えている。
その後、復興した姿を見ることが出来て安堵した。
そんな「北の京都」と謳われた一乗谷は、400年経った今もなお『一乗谷朝倉氏遺跡』として福井県民と共に生きている。

一乗谷の敷地内

⑤悲劇!景鏡の裏切り★洞雲寺(福井県大野市清滝)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です