関白秀吉軍の本隊が、北薩「出水 」 へ入る

1587年(天正十五)八月、秀吉は、肥後佐敷から出水に入った。
その数、十数万。
ここ出水は、薩州島津家「島津忠辰」が領しており、忠辰は、秀吉に対し既に恭順の意を表していた。
出水は、大口(現在の伊佐氏)と共に、現在の出水麓武家屋敷群を基幹とした肥後口の防衛線である。
秀吉を、ここ出水に導いたのも、この忠辰であった。
忠辰が、秀吉に降った理由がある。
薩州島津家は、島津忠良(日新斉)の頃からの因縁がある。
現在の宗家当主「島津義久」の先代となる貴久が、三州統一を目指し、薩摩国を転戦する際、忠辰の父、島津義辰と争った。
義久と父の貴久は、島津忠良(日新斉)の伊作島津家。
忠辰と父の義辰は、薩州島津家であり、
島津家の主権、または薩摩国の覇権を巡り争そった。
結局のところ義辰が敗れ、北薩摩は、島津貴久、義久親子の勢力下に置かれることとなる。
「本来は我が薩州島津家が宗家となるべきである」
〈義久から宗家当主の座をとりもどす〉
忠辰は、秀吉の島津征伐に乗じて、起死回生の機会を待った。
忠辰が、海岸線にて秀吉を出迎える。
「なんと・・・」
忠辰は、その大兵団に驚いた。
現在の出水武家屋敷群がある、ここ出水は、鶴の越冬地で有名である。
先日、鶴の大群が北へ飛び立った矢先である。
今度は、入れ替わり秀吉の大軍が出水へ入ったのであった。

出水麓武家屋敷群

東洋のナイアガラ~伊佐市大口の「曽木の滝」

滝幅210メートルを誇る曽木の滝。
あまりの壮大なスケールに曽木の滝は、「東洋のナイアガラ」として有名となった。
2008年に伊佐郡菱刈町と新設合併して伊佐市となった大口市は、戦国期には、出水と共に、北薩の最重要防衛拠点であった。
大口には、島津家臣団の中でも武勇誉れ高い「新納忠元」が大口地頭として肥後国に睨みを利かせた。
忠元は、「鬼武蔵」として恐れられたことは有名であるが、薩摩島津氏で武功者を数える際まず最初に親指を折る武将であったため「大指武蔵」または、「親指武蔵」とも称された。
そんな忠元と曽木の滝にも、こんなエピソードがある。
秀吉と島津の和議が成立し、秀吉が撤退する時の事であった。
秀吉が、曽木の滝を見物し帰途につくことを知った島津方が案内することを申し出た。
その案内人が忠元であった。
鬼武蔵「新納忠元」を警戒した秀吉は、忠元の袖を離さなかったと伝えられる。

大口(現在の伊佐市)の東洋のナイアガラ「曽木の滝」

北薩戦国物語探訪★第二章・守護の決断!義久無念の降伏~甲冑工房丸武(旧川内戦国村)【薩摩川内市】に進む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です