越前の朝倉家、近江の浅井家、そして、足利義昭の室町幕府を滅ぼし天下人となった戦国の覇王「織田信長」。
しかし、天下人とはいえ何も全国統一を成し遂げたわけではない。
中国の毛利、四国の長曾我部、九州の島津、関東の北条など
地方では、それに従わない強者達が存在する。
それらを討つべく、各方面に織田軍団が飛んだ。
その軍団を束ねるもの。
いわゆる織田五軍団長である。
中国の毛利には山陽方面に羽柴秀吉、山陰道に明智光秀。
四国の長曾我部には、織田家の重臣、丹羽長秀、関東の北条には滝川一益。
越後上杉には北陸方面隊として織田家筆頭家老「柴田勝家」
が担当した。
そして、佐々成政は、その北陸方面隊として黒毋衣衆を率い柴田勝家配下として参戦する。

織田軍に抵抗する一向一揆勢が立て籠もる鳥越城(石川県白山市三坂町・旧鳥越村)

越飛プロローグ②へ 越飛プロローグ② | 越中の領主へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です