南加賀における戦いの歴史は、小松「御幸塚城」あり

今江城とも呼ばれる「御幸塚城」の歴史は、1400年代から始まる。
御幸塚城は、小松市今江町(今江小学校敷地内)にあったが、今江潟を含む加賀三湖を見渡せる要所に存在した。
ゆえに、大聖寺とともに越前に対する南加賀の防御線として度々、戦国史における歴史舞台に登場する。
1400年代に冨樫泰高が御幸塚城を築き、その後、越前朝倉家との攻防が続くことで一揆方と朝倉家との間で主を変えていく。
1500年代になると、織田信長の北陸侵攻時にも登場。
信長配下の将「佐久間盛政」が御幸塚城に籠る一揆勢を攻め落城させた。
その後、上杉謙信の襲来時、織田軍は手取川の戦いにて敗れているが、織田方は、御幸塚城を死守することで、謙信の南下をなんとか足止めすることに成功。
手取川戦国物語でも御幸塚城が登場している。
南加賀の戦いは、全て小松の「御幸塚城」が一枚嚙んでいるのである。
ちなみに、この小学校は「今江小学校」であるが、中学校は「御幸塚中学」である。

御幸塚城跡(別名・今江城跡)

「北陸の関ヶ原」と「御幸塚城址」

越前朝倉氏、織田信長、上杉謙信など、加賀侵攻には、御幸塚城が立ちはだかった。
この静かな「御幸塚城跡」からは想像が出来ない。
そして、織田支配が終わり、豊臣時代となり、小松城に丹羽長重が入城し御幸塚も当然その支配下となる。
時は1600年。
日本は2つに分かれた。
関ヶ原の戦いを主とした東軍「徳川家康」と西軍「石田三成」の東西決戦である。
そして、ここ小松も騒乱に巻き込まれてしまう。
北陸の関ヶ原とも謳われる東軍に付いた前田利長と西軍に付いた丹羽長重の争いである。
金沢の前田利長は、大軍勢を率いて小松を通過。
これを通してなるものかと、丹羽長重が襲撃する。(「小松戦国物語・第3章~丹羽軍奇襲!木場潟の戦い」にて)
木場潟の戦いと呼ばれたこの戦いに、重要な働きをしたのが御幸塚城であった。
木場潟をも見通せる今江城こと御幸塚城から前田軍の動きをはっきりと捉えたと伝えられる。
この御幸塚城址から見る木場潟、そして白山を見ながら当時の状況を思い浮かべるも一興である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です