北朝足利一門「斯波高経」

南北朝時代における北朝・有力足利一門である斯波高経(しばたかつね)。
越前守護である高経は、足利尊氏と新田義貞、楠木正成との戦い「湊川の戦い」にて足利軍として参戦し総理に貢献。
その後は、越前国(現在の福井県)にて南朝方の新田義貞と戦いを続けるも平泉寺衆徒の新田軍加勢もあち一時は敗れ「小黒丸城(おくろまるじょう)」を拠点に反撃の機会を伺う。

反撃の拠点「小黒丸城」

一時は新田義貞に敗れた高経であったが。足羽七城の一つ「小黒丸城」を含む黒丸城を拠点に反撃を開始。
1338年、遂に宿敵義貞を討ち取った。
足羽七城の7つの城には諸説あるが、小黒丸城がエントリーされる説としては、小黒丸城・勝虎城・藤島城・波羅密城・安居城・江守城・北庄城(福井城)があげられる。

九頭竜川の河川敷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です