戦国「魚津城」の歴史

魚津城(うおづじょう)は、松倉城の支城であるが、旧北国街道(旧北陸道)を越中、越後間の要衝として非常に重要な拠点となる城である。
1335年(建武2)に椎名家によって築城されたとされるが、戦後期では、越後の上杉謙信と織田信長の北陸侵攻部隊「柴田勝家」の間で起こった「魚津城の戦い」は、あまりにも有名である。

魚津城の戦い

軍神「上杉謙信」がこの世を去り、本格的な越中東部への侵攻を開始した織田信長。
信長は、北陸侵攻部隊「柴田勝家」を総大将に魚津侵攻を命じる。
その越後侵攻軍の中には、富山城主「佐々成政」、前田利家、佐久間盛政も加わり大軍勢であった。
上杉方は、の揚北三人衆と呼ばれた「中条景泰」を主に、約三千人の城兵が魚津城を守る。
最初は、柴田勝家率いる織田の大軍を見事に防いだが、敵は大軍。
頼りの上杉景勝率いる本隊も、越後本国が織田軍に包囲され迂闊に救援に迎えない。
限界の魚津城の越後軍は、降伏することを選ばずに死を覚悟する。
結果、中条景泰をはじめ、色部勝長など数十人の大将格が自刃することで織田軍が勝利する。

豊臣秀吉の佐々成政征伐

魚津城の戦い後、一度は上杉方が魚津城を奪い返すも、再び、佐々成政のより再び織田軍団の城となる。
しかし、魚津城争奪戦は、まだ続いた。
時代の主人公は、織田信長から豊臣秀吉と変わり、秀吉と、それに従わない佐々成政が争う。
富山の陣である。
富山の陣では、成政の富山城に加賀方面から秀吉本隊、飛騨方面から金森長近。
そして、東の越後方面から上杉景勝が成政を挟撃した。
魚津城はまたもや戦場となり、佐々方の魚津城は、落城する。

魚津の海岸線と魚津水族館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です