① 成政の剃髪

成政は、城を出て安養坊へ向かった。
既に秀吉は、成政降伏の意を受けている。
そして、静かに座り込む。
腕を後ろへ回し、髷に手をかける。
〈これでささなりまさは終わった〉
信長に仕え、赤法衣衆を率いて名を轟かせた、が。
これからは、戦国武将佐々成政ではなく、ただの佐々成政となる。
「わしも、他の者同様か・・・」
〈ふっ〉
成政は、薄ら笑った。

安養坊道心塚・佐々成政剃髪阯(富山市民俗民芸村内(富山市安養坊))

② 変わり果てたる世の中に(
道心塚・佐々成政剃髪阯 )

そこに宿命の男、前田利家配下の使者が現れた。
「佐々殿、そろそろ・・・」
〈どのか?〉
敗軍の将は、辛いものである。
成政は、前田兵に従い白鳥城へ向かう。
そして、秀吉の前に静かに姿を現した。

なにごとも 変わり果てたる世の中に 知らでや雪の白く降るらん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です