丹羽家の歴史は、前田家と近いものがある。

長重の父「長秀」、利長の父「利家」共に織田信長、豊臣秀吉に仕え、 共に尾張国から北陸へ流れて来ている。

それだけではなく、もともとは秀吉より身分が上であった事も共通している。 両家の運命の分かれ道は、世継ぎ長重、利長で大きく分かれてまう。

長重は先代「長秀」の時代に築いた百二十万石を、秀吉の逆鱗に触れ松任四万石に減封されてしまう。

その後の功績で松任を含む小松十二万石に加増されたが、所詮は前田家の敵ではなくなっていた。

しかし、長重は豪将であり、家康方についた前田家の敵となり石田方の西軍として百万石を相手に 一歩も引く気配を見せない。

その理由は長重の意地と推測される。

丹羽長重の居城・小松城(小松市丸内町)

小松プロローグ④ | 日ノ本騒乱


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です